お客さんが入っているお店の特徴


 1. 従業員のマナー教育をしっかり行っている。

  (接客マナーがきちんとされている)

 2. 従業員に女性を採用して、店の明るい雰囲気作り・店内がきれいで清潔感があるなどを心がけている。

 3. お客さんへのサービスがきちんと行き届いている。

 4. 麻雀大会などのイベントを定期的に企画し、実施している。

 5. 麻雀教室などを定期的に行っている。

 6. 広告などの宣伝活動を行っている。

 7. 最新型の点数表示機種が設置している。

   (比較的若い年代には支持されている)

 8. ポイントカードなどお客さんの来店回数・ゲーム回数などによってポイントを加算し賞金・景品・サービス券などの 
    プレゼントをしている。

 9. 時間帯によって営業スタイルを変えている。

   昼間の時間帯は学生など向けの方針で営業を考え、夕方以降はサラリーマンなど向けに営業スタイルを変えて、
   お客さんの回転が良くなるように対応している。

   *セット麻雀などでは、手作りの食事やおつまみなどで、常連のお客さんや新しいお客さんのリピーターを
    確保しているお店もあります。

 10. 最近では女性客が増えていますので、女性用のトイレなど女性客が求めるニーズに答えられる雰囲気作りを
    しているお店


 


 ■ リーチ麻雀

 リーチ麻雀荘でも最近は色々なタイプの麻雀荘があります。

 プロが運営するお店。プロを定期的に招きお客さんを集客するお店。

 女の子を雇いゲームセンター感覚で気軽に麻雀ができるお店。

 麻雀教室などを定期的に行いリピーターを確保するお店。

 麻雀大会などのイベントを定期的に行い、プロ雀士育成に力を入れお客を集客するお店。

 ノーレートを導入するお店。

 近年のチェーン店などはお客さんの対戦成績などをパソコンで集計して勝率やランキングに反映させて
  お客さん自身が内容を確認できるようなサービスの付加価値を付けています。

 麻雀荘もただお客さんを待てばよいという時代は終わりました。

 だからこそお客さんのニーズに応えられるようさまざまなタイプの麻雀荘が登場してきたのでしょう。

 あと、麻雀荘を経営する方々の考え方が多様化してきたことも言えるでしょう。


 ■セット麻雀

 近年はセット専門で経営しているお店は大多数が苦戦しています。

 お店に来る人たちのメンツが集まり難くなっていたり、学生の麻雀荘に通う人数が大幅に減少傾向にあり、
  セットで経営する場合には場所が重要です。

 オフィス街や学生街などの地域では競争がありますが、うまく運営出来れば、安定した収益を上げられる確率は高いです。

 セットで運営しているお店でうまくいっているお店は、健康麻雀や麻雀教室を兼ねているお店です。

 お客さんはフリーのお客さんのように1人で来ますが、お店に足を運び、レッスンを受ける中で
  お店に知り合いが沢山出来、結果お店に通うようになってくれます。

 お店の運営の中でお客さんを育て続けるからこそ、リピーターが増え続けて長期的に安定経営となります。

 場代の安さやサービスだけでは、なかなかうまくいかない時代になりました。

 セットで経営をお考えの場合には、麻雀教室や健康麻雀の導入を推奨します。


 ■ 高齢者介護のデイサービス型

 通常の麻雀荘の経営と違い、主たる立ち位置は高齢者の介護施設である為に運営予定の店舗が
  介護施設開設の為の条件をクリアー出来る様にしなければなりません。

 開始当初は運営的に人を集めなければならないのでやる事が山済みですが、ある程度運営が軌道に乗れば
  安定した経営が望めます。

 但し、介護福祉の施設なので開設・運営の為に通常の麻雀荘を始めるよりは準備が大変です。

 

 


 

 お店の営業形態・場所・建物周辺の環境(駅・会社・学校など)様々な状況により営業の考え方や注意事項などあります。

 前述の内容は非常に大切な事ですが、それ以外にお店の独自性をどのようにすればだせるのか。

 頻繁にお客さんが来るようにリピーターをどのようにすれば増やすことが可能なのか。

 常日頃から考え、実施することも大切です。

 比較的お店が繁盛しているところでも日頃から考えられています。

 


まーじゃんSHOP お問い合わせ先
  有限会社 アジャスト (まーじゃんSHOP) 東京都江戸川区東小岩5-18-10
  TEL:03-5612-9820  FAX:03-3650-5471  mailアドレス:info@adjust2000.co.jp
 ■メインページ  ■新品麻雀卓情報   ■麻雀小物  
Copyright (C) ADJUST. All rights reserved.